薄毛対策を始めることにしました

ここ数年で以前よりおでこが広くなったと感じるようになりました。
季節を問わず抜け毛が多くなり、全体的な髪の毛の量が若干減ったようにも感じます。
生え際の毛は元々産毛で柔らかい毛が生えたのですが、その産毛が無くなり、余計おでこが広く見えてしまいます。
Continue reading

ミュゼのワキ脱毛の効果

ミュゼのワキ脱毛に通い続けて2年半ほど経ちました。
ミュゼに行く前には毎日ワキは自己処理を行っていて、
かみそり負けをしてしまうこともあり肌は汚かったです。

ミュゼに通って5~6回で毛の生えるスピードが遅くなってきて、
10回も通えば大部分の毛は生えてこなくなります。

現在は数本ある状態なので、これをなくすため通っています。
完全脱毛なので何回通っても追加料金はかからないので自分の満足行くまで通えるのは嬉しいです。

私はショーツからはみ出てしまうVラインのムダ毛の存在がとても嫌でした。

そのためVライン脱毛をすることにしたのですが、家から通いやすい銀座カラーに行くことにしました。
銀座カラーの施術は全く痛みがありませんでした。

少し輪ゴムではじかれたような感じの痛みがありますが、
その旨をスタッフの方に伝えると機器の強弱を弱めてくれるので安心です。

施術が終わった後にはしっかりとクールダウン処理をしてもらえますし、
専用ローションでお肌をしっかりと保湿をしてもらことが出来ました。

Vライン脱毛の効果も見えてきているので、楽しみです。

ミュゼ 京都オススメですよ。

変形するひざ関節の病患者の看護

変形するひざ関節の病患者の看護
変形するひざ関節の病は高齢者を中心に特に女性に症状が出やすい膝の病気です。
膝の負担を取り除くことによって負担が軽減する変形するひざ関節の病は、早めの治療が良いようです。
変形するひざ関節の病は歩行時など特に痛みを感じるものですから、看護者は痛みを緩和できるようサポートすると良いかもしれません。
サポーターやテービングをすることによって変形するひざ関節の病の負担は軽減するようですから活用してみるのも良いでしょう。
また、変形するひざ関節の病の原因のひとつとして肥満の問題もあるようなので、看護者はダイエットに協力してあげると良いかもしれません。
膝の痛みによって最悪な場合歩行が困難になる事も考えられるので、早めに変形するひざ関節の病の治療を行い、寝たきりにならないよう努力すると良いでしょう。
変形するひざ関節の病の原因としてあげられる肥満は食事の量や質などが原因でおこるもののようです。
高カロリーな食生活を続けていると体重が増加して膝に負担がかかり、変形するひざ関節の病になってしまう事もあります。
変形するひざ関節の病の予防だけでなく肥満は色々な病気に通じますから、適正体重を守ることが健康への第一歩のようです。
エピレ静岡

妊娠を気に始めたこと

私は今年30歳になりました。
遂に30代突入…。
そんな私、今年の夏には二児の母になります。
今でも家事に育児と大変で、一日があっという間なのに、夏には二人の子供の育児となると想像もつかないけれど、
そこは、その時になってみたらなんとかなるんじゃないかと、あんまり考えないように今を頑張ってます。
Continue reading

仕方が無い

誰の利益にもつながらない下らない見栄や恰好つけをしても仕方が無いですし、その見栄やハッタリによって『実際 的な危険(誰かに絡まれたり暴力を振るわれるリスク)』が
Continue reading

むだ毛に関する嫌な思い出

むだ毛といえば、嫌な思い出があります。私はそれほど体毛が濃いほうではないのですが、興味本位で両足の太ももとすね毛を剃っちゃったことがあります。剃った直後は、ツルツルで気持ちよかった。でも、数日すると剃った後から毛が伸びてきた。問題はそこです。この生えかけの短い毛はとても痛いです。正座するとチクチクと周囲に刺さるんです。それで、困ってしまいもう一度、自己処理してみました。すると、何だか今度は生えてきた毛が、前より濃くなってる!ビビりました。こんなことなら、好奇心で剃らなければよかった!でも、やっちゃったんだから、どうしようもない。だから、今でもその太い毛を眺めながら、悔やんでいます。せめて、痛いけど毛抜きで抜いておけばよかったかなとか、毛を溶かす薬を使えばよかったかなとか、考え出すときりがないけど、もし生まれ変わって産毛の状態にリセットできたら、今度こそ、むだ毛に手を出すことは控えます。過ぎたれば、及ばざるがごとしという格言が耳にこだまする、今日この頃です。

敏感肌と乾燥肌は特に保湿をしましょう

敏感肌や乾燥肌の人は、人一倍、スキンケアで苦労しているのかもしれません。
何を使っても良いというわけではないからです。
敏感肌であれば、肌に負担がかかるようなパラベンや香料などが入っていない化粧品を選ぶことがポイントです。
乾燥肌の人は、特に保湿成分がたっぷり入っている化粧品を選ぶ必要があります。
ただ、敏感肌であっても保湿は大事なポイントです。 Continue reading